TOP>> 女性の薄毛 関連情報>> ■ ダイエットと女性の薄毛の関係性

 ■ ダイエットと女性の薄毛の関係性

女性は大半の方が何かしらのダイエットをされたことがあるのではないでしょうか?

ダイエットといっても、健康的な方法で上手に行えていれば良いのですが、極端な食事制限をしたり、無理なダイエットは髪にも頭皮にも悪い影響を及ぼし、薄毛の原因になります。

髪が抜ける要因で大変多いのが、『栄養障害』が原因で起こる抜け毛です。

太りたくないという思いが、十分な食事の量を下回り、栄養バランスをも狂わせてしまいます。 その結果、体の不調とともに、抜け毛、薄毛などが現れます。


その他にも、頭痛、不眠、食欲不振、めまい、便秘、疲れやすいなど体がサインを出すこともあります。

食事で言えば、ファーストフードやインスタント食品ばかりが中心となった食生活なども髪に良いはずはありません。

こうした栄養障害によって、毛髪をつくる細胞へも栄養は届きづらい環境になります。


また、十分な栄養が摂取できなくなった体は、生命を守ると考えた時に末端の役割である毛髪への栄養供給を後回しにします。

その状況が長く続くと「慢性脱毛症」を起こし、髪のサイクル(寿命)が徐々に短くなり、毛髪は細く短いサイクルで抜け替るため、毛髪のボリュームはなくなり、気づいた時には相当進行した「慢性脱毛症」という診断結果にもなり得ます。

食事の量は減らしても、栄養バランス(とくに「酵素」や「ビタミン、ミネラル」などの栄養素は不足しがちです)のとれた食事はきちんと摂るほうが、体にも良いダイエットです。

結果、薄毛になる原因を1つ取り除くことができるのです。

また昔から海藻類は髪に良いと言われますが、確かに体を温める特性を持つ食品でもあり、食物繊維も豊富です。

髪を黒く生き生きとさせる働きもありますが、単体で食べても効果はあまり期待できません。

栄養バランスの摂れた食事の中に海藻類をたくさんとっていくことが重要です。


女性の薄毛 関連情報 トップページへ戻る